FC2ブログ
topimage

2018-12

18ステラの部品を組み込む・・・ウォームシャフトピン編【リールカスタマイズ】 - 2018.12.16 Sun


18ステラの部品を組み込もうシリーズ・・・もう1つ。


スピニングリール、「巻き」と言えばシマノと言われますよね。
ステラを頂点とするあのヌメヌメ感。これにハマってしまうと他社製品を買うのに躊躇します。

ただ、一つ、誰もが不満と感じている点が、

「ウォームシャフトの作動での上下死点での当たり(振動)」

でしょうか。


この当たり、ウォームシャフトを通るシャフトピンが上と下の死点付近でコツンと当たる感触が伝わって来るのですが、滑らかな巻き心地があるが故に良く分かってしまうんですよね。
そもそも、巻き心地がザラザラしてたら全く分かりませんから。


このピンを削ったりして独自改良するなどする方も居ますが、メーカーとしても改良版をだしてきました。
それが18ステラに搭載されていました。

「ウォームシャフトピンのOリング」


14ステラから18ステラに変わって、ウォームシャフトピンのベアリングが無くなってコストダウンだの言われていましたが、よくよく考えるとコレもアリだね・・・と思うのです。

車に例えるならば、サスペンションアームの付け根に取り付けられているゴムブッシュ。
乗用車の場合は、サスペンションアームの根本にゴムブッシュと言うパーツがあり、コレを介してボディと接続されています。ジョイントパーツですね。(他にも、スタビライザーやサスペンションダンパーの付け根だったり)
ただ、競技などレース車両の場合は、このゴムブッシュでは柔らかくて足回りがシャキッとしません。
そこで、ブッシュをピロボールジョイントと言う金属だけで出来たパーツに置き換えてチューンアップします。
しかし、その一方で、異音がしたり乗り心地が悪くなるなどの弊害も起きてきます。
(若い頃に車で遊んでた事がありまして・・・さすがに、ピロ足にはしませんでしたけども)

18ステラの場合も、コレに当てはまると思います。
ベアリングで固めた足回りでは少しの振動でも全て伝えてしまう・・・コレをゴムブッシュ(Oリング)にする事で、振動を抑える。
ベアリングからはデチューンではありますが、正直、この部分をベアリングに置き換えたところで大して巻き心地は変わらないと思うんですけどもね・・・。



さて、18ステラのパーツを取り寄せます。
C3000の場合は、86番~89番まで。

pin.jpg



87番のワッシャーは、黒いのと白い樹脂のが入っていましたので、コレを入れたり抜いたりして長さ調整をします。

IMG_20181123_190203.jpg



15ツインパと18ステラのピンを組んだところの比較です。パーツ構成は違いますが直径などは一緒、ピン形状も同じでした。

IMG_20181117_102232.jpg



無加工で入ります。ただ、Oリングがあるので、スポっと入るというより押し込む感じ。
ベアリングが無くてもピン自体は滑らかに動きます。勿論、グリスは塗って。

IMG_20181117_102416.jpg



こちらは、12エクスセンスCI4+との比較。
エクスセンスの方は新しいピンを入れてから半年経ってますが、先の尖り具合意外はほぼ一緒。

PB040555.jpg



こちらも、無加工で入ります。但し、樹脂ワッシャーの枚数が違います。こっちの方が多かった・・・かな?
ウォームシャフトにピンの掛かりが浅かったり深かったりする場合は、ワッシャーで調節してください。

PB040557.jpg



このまま、全て組み上げていきます。
何度もバラしては組み上げを繰り返しいると、15ツインパ位ならば展開図を見なくてもどれが何処の部品なのか判るようになりました。
組んでて楽しいですが、組み上げて巻き感に不満があるともう一度バラしたりと、エンドレスになっちゃいますね・・・。(^-^;

IMG_20181119_193255.jpg



さて、肝心の改良後ですが・・・
12エクスセンス、15ツインパ共に、ノーマルではコツンという振動がありましたが、コレを入れる事で解消しました。今のところ、バッチリ。(使っていく内に変わる可能性もありますが・・・)
多分、他の機種でも同じ番手であれば入れ替える事が出来ると思います。

ただ・・・

リールの分解などの作業はリスクを伴います。
自己責任で。



ポチッ!とお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

18ステラの部品を組み込む・・・クリアランス調整編【リールカスタマイズ】 - 2018.12.15 Sat


リールカスタマイズネタに戻ります・・・。(^-^;


一般的にスピニングリールのギアのクリアランス(隙間)は必要ですが、クリアランスが狭すぎても広すぎてもダメです。
狭すぎる場合は抵抗が大きくてハンドルが重くなりますし、逆に広すぎる場合はガタガタでこちらも巻き心地が悪くなり、ギア間のクリアランスも開いてしまう事からギアの歯に負担を掛けてしまいます。

このクリアランス、シムワッシャーと言う薄い金属ワッシャーを使って調整されています。
厚みは0.01mmから0.2mm程までの厚みを組み合わせて調整します。

P4110389.jpg



ところが、18ステラのある部分の調整ではこのシムワッシャーが使われていないと言うログを発見しました。
(先行してバラして下さる方にはホント感謝ですね)


そこで、早速このパーツを取り寄せてみると・・・

ウェーブワッシャー!

PB040553.jpg
(画像が分かりづらくですみません・・・)


バネ性の高いシムワッシャーを曲げる事で常にテンションが掛かり、ギアのガタつきを程よく調整できるのです。
18ステラ C3000を例に挙げると、ウェーブワッシャーは2か所。
ピニオンギア後部の60番と、ウォームシャフト後部の96番。

SW.jpg



ただ、ステラのピニオンギアとウォームシャフトの太さがこれまでの物より太いのか、15ツインパと12エクスセンスCI4+の該当部分にピッタリとは行かず、若干の隙間が空いてしまいます。
それでも、このワッシャーを組んでみると上手く調整が出来ます。
(60番、96番共に、59、95番もの座金も一緒に取り寄せて組んだ方が良いでしょう)
板シムを何度も入れ替えながら組みなおす面倒も無くなります。

IMG_20181123_193841.jpg
(12エクスセンスCI4+へ組み込みの画。12エクスセンスにはノーマルではワッシャーパーツが入っていません。)



特に調整が上手く行ったのは15ツインパの方。
このツインパ、ピニオンギア部分の調整にはゴム製のOリングが使われています。
このOリングから曲げワッシャーに変えたところ、巻き感が軽くなりました。
ゴムの弾力で調整していた物がワッシャーに変わる事で、摩擦が随分減りますからね。

IMG_20181119_152710.jpg
(画像下の列が15ツインパのOリングパーツ、上が18ステラのウェーブワッシャー)



ピニオンギア後部だけでなく、ウォームシャフト後部にも同じくパーツを組み込みます。
15ツインパの画像はありませんが、同様にウォームシャフト後部に18ステラのウェーブワッシャーを組み入れます。

PB040554.jpg



ちなみに・・・
このウェーブワッシャー、ダイワ製のスピニングリールには随分前から使われているそうです。
もっと早く使っていれば楽にクリアランス調整が出来たのに・・・。


ウェーブワッシャーが使えるのは、こうした内部のクリアランスのみです。
ドライブギアやハンドル周りのパーツ調整の場合、回す力の他に押す力も加わる事になるので、ここのクリアランスを調整するのは従来通りのシムワッシャーを使う方が良いと思います。



ついで・・・と言ってはなんですが、14ステラの摺動子ガイドを15ツインパ組み込みました。
15ツインパの方はステンレス製のようで、重くまた表面も少しザラついていました。
14ステラのこのパーツは、アルミ製のようで表面も滑らかです。
耐久性は落ちるかもしれませんが、滑らかさは14ステラの方がありそう。

IMG_20181123_200823.jpg



リールの分解、パーツの組み入れは、自己責任でお願いします。



ポチッ!とお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村




久々にルアーゲット 【買い物】 - 2018.12.08 Sat


う~ん・・・

リールネタを書こうにも、撮った筈の画像が行方不明で思案中・・・。
もう一度バラそうか・・・。


さて、ここ最近の買い物のご紹介。
ハンドメイドルアーを使っているのでルアーを買う事が減っているのですが、久々にルアー買いました。(^-^;

IMG_20181125_170733.jpg


ワーム2点(と、それに使う専用ジグヘッド)。

・マルジン UKシャッドワーム(リアルトウゴロウ)+5gジグヘッド
・issei 海太郎 カタクチワーム4.5(キラメキパールシャッド)



両方共に発売から少し時間が経っていますが、気になってたワーム。

UKシャッドワーム、嶋田さんが立ち上げたブランド「マルジン」第一弾のルアーですが、ワームだったと言うのが以外でした。
どちらかというと、ミノープラグってイメージでしたからね。
ただ、各社で監修モデルが発売されている事から、それらとは差別化をされたんでしょう。
多分、その内にマルジンブランドのミノーも出てくる筈。

このワーム、思っていたよりも硬いですね。
ワーム素材と言うよりエストラマーに近い硬さ。
面白いのが、ジグヘッドがこのワームの中にスッポリと入ってしまう構造。
これなら、使ってる内にズレる事もないし、1匹釣って針を挿している部分が切れてボロボロなんて事も少ないでしょう。
ちょっとお高めですが、思ったより経済的かも。

IMG_20181125_171543.jpg




posted with カエレバ



もう1つが、isseiのカタクチワーム。
コレも発売前から気になってました。ウネウネの動きが何とも魅力的・・・で、魚が釣れる前に私が釣られちゃいました。(^-^;

こちらはUKシャッドワームとは逆に、凄く柔らかい。
縦スリットが入っている事からも、ウネウネ。
ジグヘッドで使っても良し、バスだとラバージグスイミングジグのトレーラーとしても使えるそうです。
ちなみに、目玉は後から貼り付けるようになってます。目が欲しければ付けて使ってくださいという事だそうです。

IMG_20181125_171609.jpg



posted with カエレバ


どちらも、あっち方面で釣れなかった時の最後の一足掻きとして使えないかなぁ~・・・
なんて気分で買ってみました。
やっと寒くなってきましたが・・・あっちはもう少し後かな?




ポチッ!とお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村




ドラグワッシャー交換 【リールメンテナンス】 - 2018.12.03 Mon


突然ですが・・・

皆さん、リールのドラグのメンテナンスしてますか?


現在、15ツインパC3000Mと12エクスセンスCI4+ C3000Mの二台体制で釣りをしていて、何度も書いてますが12エクスセンスの方は中古で買った物に部品入替えして使っています。
このエクスセンスのドラグ、これまでもメンテはしてきましたが、テンションが掛かった際のラインの出が不安定になってきました。
このドラグ部分ですが、金属ワッシャーとフェルトワッシャーに専用グリスを染み込ませた物とを重ね合わせて構成されています。
恐らく、フェルトのワッシャーがヘタってきているのが要因ではないか・・・と。
15ツインパのと比べると、ワッシャーの厚みが薄い感じ。
そこで、今回は他の部品を注文する際に、フェルトのドラグワッシャーも注文をして交換してみました。


まずは、パパっとドラグ部をバラします。
(追記・・・画像は全て15ツインパになります。)
上の飴色の3枚が古い物、下の白っぽい3枚が新しい物です。
(取り寄せた新しい物は、ドラググリスは塗られていません。別に専用グリスが必要。)

IMG_20181201_123843.jpg



実は、このフェルトのドラグワッシャー、タイプが2種類あります。
下2枚と上1枚とで、ワッシャーの幅が違うのが判るでしょうか?

IMG_20181201_123856.jpg



下の展開図は12エクスセンスCI4+の物ですが、最初は3枚が同じ物だと思って4番の物を3枚注文しました。
ところが、バラした物をよく見ると7番の物は少し幅が違うんですよね・・・バラして初めて違いに気づきました。(^-^;
皆さん、間違わないように。
ちなみに、12エクスセンスCI4+と15ツインパ(同じリール番手)は、同じサイズのドラグワッシャーでした。

ドラグワッシャー



フェルトに十分グリスを染み込ませた後、金属ワッシャーの方にも薄くグリスを塗って組み上げます。
一度ドラグをいっぱいまで締め込み、そこから緩めて適度にスプールが回る位にしてから、スプールをグリグリと回してグリスを馴染ませてやれば終了です。


メンテナンスの方法は、以前紹介していますので「こちら」を参考にして下さい。
簡単な作業ですので、シーズン中でも是非試してみてください。

IMG_20181201_124506_1.jpg





posted with カエレバ


ポチッ!とお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村




ランディングネットフレームをぶった切る 【DIY】 - 2018.12.01 Sat


リールネタは、どう紹介しようかと思案中。
12エクスセンスCI4+は、中古で買った時のハイギアからノーマルギアに換装したり新品や別機種のパーツも随分入れえちゃったので、元パーツ点数は半分位になっちゃってます。(^-^;


さて、リールネタから離れて・・・
ランディングネットのネタ。

現在、2本のネットを使っています。
足場が低い所用と高い所用。
高い所用はごく普通に多段シャフトを使って、低い所用のはアルミパイプをカットした物を繋いで使っています。

ただ、一つ不満なのが、ネットの大きさ。
フレームは、ダイトウブクのMとLの両方を使ってます。
シーバス初めた頃はデカいのも釣る事が無いと思ってMサイズを買ったけど、やっぱりLサイズの方が掬い易いですからね・・・Lに買い替えてます。

足場が低い所に行くことが多いのでそちらにLを装着してますが、Mの方もやっぱり大きくしたい。
新しく買えば良いんだけど、Mサイズも勿体ないし・・・。
と、いう事で、このMサイズをDIYで何とかしようと思い立ちました。


まずは、サイズ比較。
この位の差があります。

IMG_20181123_131957.jpg



ネットを外して・・・ブッタギリ!

IMG_20181123_140701.jpg


既に繋ぐ中間パイプが出来ちゃってますが、ダイトウブクのパイプ径は約10mmなので、外径12mmのアルミパイプを継ぎ足してやります。(弧の一番緩い所でカットして繋ぐ事にしました)
12mmパイプの内径は10mmですが、若干の隙間があるので、上手くやればそのまま差し込む事が可能。
ただ、MとLとの円弧の大きさが違うので、全体を曲げ調整してやる必要があります。
この時、カットした周辺も曲げる事となるのと、繋ぐパイプも曲げる必要があるので、変形などして簡単には差し込む事が出来なくなります。
これは、ダイトウブクのパイプの方を少々削る事で差し込む事が出来るようになりました。(接着剤を付けるとより滑らかに差し込む事が出来ます)
ちなみに、パイプを曲げる際は「ベンダー」という専用の工具がありますが、家にはありません・・・。
今回は緩く曲げる程度でしたので、溶接などで使う酸素ボンベに当てて曲げました。

差し込んでみると、こんな風。
サイズはLサイズよりも若干大きい位にしました。

IMG_20181124_093803.jpg



そして、接着。
接着剤は専用の物を使います。

セメダイン社の「メタルロック」

金属をガッチリと接着出来るエポキシ接着剤です。カーボンなども接着出来ると記載があるので、ロッドの修理などでも使えそうです。

IMG_20181130_171728.jpg



posted with カエレバ


こうした改造をブログなどで紹介されているをたまに見かけますが、アルミでも木材でもルアーでも、なんでもかんでも100均の2液エポキシ接着剤を使ってる人がいますが、アレはダメですよ。
接着剤には何を接着するか目的があって作られています。
材料や用途にあった接着剤を選ぶことが大事です。
100均エポキシ最強では無いのですから・・・。



フレームを接着し、一晩経って丸みを再度調整します。
そして、塗装。
本来であればアルミなのでアルマイト処理するのが一番ですが、溶剤も必要ですしハードルが高いです。
なので、今回は塗装。
手元に染めQがあったので、それを使いました。
カラーはブリリアントレッド。



posted with カエレバ



そのまま染めQを使うのではなく、同社のミッチャクロンを先に吹いてサフェーサーにします。
乾燥したら、その上から染めQで塗装。

IMG_20181125_151632.jpg



こうしてLサイズのランディングフレームが完成です。
ネットを手に入れてないので、とりあえずMサイズのを装着してみましたが、フレームには入れる事が出来ました。
ただ、深さが浅いので、やっぱり新しいのを買わなきゃいけないですね・・・。




ポチッ!とお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

togusa

Author:togusa
2015年3月末よりシーバスフィッシング本格参入!
初心者目線でグダグダと綴っていきます。

平日夜の出動が多いので、家族への合言葉は

「今晩ご飯要りません」

エリアは名古屋港周辺。
4月~12月まではシーバスシーズン、12月中~3月まではスキー。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

釣行記 (114)
2015年釣行記 (16)
2016年釣行記 (40)
2017年釣行記 (33)
2018年釣行記 (24)
タックル (95)
ルアー (20)
ギア・ウェア (44)
DIY (175)
リール (9)
ルアーリペア (16)
ルアービルディング (98)
ロッドビルディング (21)
スキー (23)
その他 (70)
プロフィール (2)
未分類 (0)

検索フォーム

ランキング

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Information