FC2ブログ
topimage

2018-08

ボディのグリスアップ【リールメンテ】 - 2018.01.16 Tue


ベール交換が終わったので、次はボディのメンテナンスです。

ドラグを緩めてスプールを抜いたら、シャフトに数枚重なっている樹脂製の座金を外します。
次にスプールを下から支えているベアリングやドラグ音を出している黒いギア風のパーツアッセンブリーを取り外すのですが、金色のベアリングガイドを留めているイモネジを外す必要があります。
ところが、このイモネジに合うヘキサゴンレンチが極小なんです。
コレの為に1本買うのも何だかバカらしいので、工具箱に転がってたレンチの先を削って合うように加工。
これで外しました。(^_^;)

P1140190.jpg



イモネジを抜くと、アッセンブリーでズルっと外れます。
この中にベアリングが1個あるので、古いグリスを拭き取ってパーツクリーナーで洗浄後に新しいグリスを適宜塗っておきます。

P1040165.jpg



次にローターを外します。
ナットを留めている黒い樹脂パーツのネジを外し、真鍮製の六角ナットを外します。
このナット、逆ネジなので要注意。(ローターにもネジの向きが英語で記載されてます)
また、このナット、面取りがされていますが、面取りが下向き(ローター側)で取り付けられています。

P1140191.jpg



ローターを外すと、いよいよボディ単体に。

P1140192.jpg




この後の作業内容、画像を撮るのをスッカリ忘れてしまいました。(;´∀`)
なので、分解図からご紹介・・・。

C3000ボディ



ボディをパカッと割るには、後部のボディカバーを外す必要があります。
最初に、ボディカバーの下にある小さなトルクスネジ(92番、107番)をT5のトルクスドライバーで外しておきます。

次に、ゴム製のフリクションリング(62番)を外し、リールフットの根本にある小さなゴムパッキン(63番)を外したら、この穴から00番で75mm長のプラスドライバーを差し込んで奥のネジ(64番)を外すと、ボディカバーが外れます。

P1160195.jpg



64番ネジはその場で留まっているので、完全に外す必要がありません。ネジを緩めるとボディカバーが少しずつ押し出されて外れていきます。

ボディ左側の黒い樹脂パーツ フリクションリングスペーサー(67番)を外すとプラスネジが2個(73番)出てくるので、ココとボディ後端のネジ1個(74番、75番)を外すと・・・パカッ、とボディが割れます。

P1040166.jpg



内部は汚れや塩ガミなど全く無く、綺麗な状態。
使ってて巻きに問題は全く無かったですし、面倒なので今回はコレ以上はバラしません。
ただ、グリスは変色をしていたのと、少し黒く汚れが見えたので、つまようじと綿棒を使って拭き取ります。
ドライブギアのみグリスを吹いたらパーツクリーナーで洗浄をし、ボディ内部はギアを回してグリスの拭き取りに専念。
拭き取ったら、純正グリスを適宜塗布をして、ギアを回して馴染ませたら終わりです。
決してグリスは塗り過ぎないように・・・多過ぎは、巻き上げを重くするだけなので。

ボディを戻す際は、パッキン替わりに断面にグリスを少量塗布。
今回はラインローラーにも使った特殊撥水グリス(DG18)を塗ってみました。
ココも多過ぎないように・・・それより、このグリスは値段も高いので・・・。

P1040167.jpg



最後に、ハンドルノブ部分のメンテも。
ハンドルノブのカバーを外して、内部のネジを外せばズルっと抜けます。
中には2個のベアリングが入っているので、この部分のグリスも拭き取って新しいグリスを塗布しておきます。
内側(ノブの根本側)は、外から水や汚れが入りやすいので、こちらの方が汚れてますね。(右のベアリング)

P1040172.jpg



そう言えば、今回メンテしてて気づいたのですが、このハンドルノブも結構摩耗してました。
ゴム製ノブは表面がシボ加工されているのですが、ツルツルになってました。
釣りの時はずっと触ってますもんね。不具合など無いですし、交換予定はありません。

P1040171.jpg



あとは、全てを逆に組んでいくだけですが、要注意なのがローターを留めている真鍮の六角ナット。
ココは締めすぎると巻きが重くなるので少しずつ締めこみます。
また、ナットの緩み止めの樹脂パーツを留めるネジ穴の位置が決まっているので、様子を見ながら少しずつ締め込み。
その他の部分は、内部をバラしていないので、特別気を遣う部分はありません。


P1040170.jpg



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

E-Value 精密ドライバーセット EPS-652 4977292202725 [r13][s1-120]
価格:893円(税込、送料別) (2018/1/16時点)



posted with カエレバ



posted with カエレバ


ポチッ!とお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

● COMMENT ●

もうここまでくると、完全にオーバーホールですね。
自分のリールは一度もメンテせずに、そろそろ四年近くなりますが。。。爆

オーバーホール、ラーメンで手を打ちます(笑)
今回のこの作業も凄いですね。
ワタクシなら間違いなくバラしの段階で
どこか壊れます。
組み立てしても、ネジが余るとか(笑)

シンタロウさん

えぇ~っ、4年もそのまんまですか・・・そろそろバラした方が良いんじゃないでしょうか。
そう思うと、ステラって凄いなぁ。

幸ちゃん

しまった!安すぎたw
一度自分のを全バラシしてからですね。構造見るとそれ程難しいものではないですが、問題は各ギアごとのバックラッシ調整がキモだと思います。
それと、18エクスセンスCI4が出るらしいのですが、12エクスセンスがかなり安くなってるので、予備機で中古を買おうかと思ってるところです。
まだ部品も手に入りますし、コイツで遊ぼうかと。

自分は09ツインパ使ってるんですが、今のところ半年に一回ペースで自分でオーバーホールしてます。
71番の部品、グリスで変な所に貼り付いていたり、なくなってしまったり、何故かこいつにはやられています。
シマノはダイワと比べ、ギア購入出来るし、比較的に値段も安いので、パーツ無くなる前に購入しとくのがお得かと思います。
あと、ウォームシャフトも必用ですね。

Re: タイトルなし

こいちさん

71番・・・あぁ~、コレですね、完全に固定されていないので、やたら動きますね。(^_^;)
パーツは全て手配出来るようですし、シマノのリールは自分でメンテ出来て有難いです。
ギア系、そうですね、長く使う為にワンセット在庫として持っておいた方が良いですね。それとゴム系のフリクションリングなども溶けたり切れたりしそうなので予備を持っておいた方が良いかも。


管理者にだけ表示を許可する

2018年シーズンインは・・・バチを意識?!【釣行記】 «  | BLOG TOP |  » ベール交換 【リールメンテ】

プロフィール

togusa

Author:togusa
2015年3月末よりシーバスフィッシング本格参入!
初心者目線でグダグダと綴っていきます。

平日夜の出動が多いので、家族への合言葉は

「今晩ご飯要りません」

エリアは名古屋港周辺。
4月~12月まではシーバスシーズン、12月中~3月まではスキー。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

釣行記 (104)
2015年釣行記 (16)
2016年釣行記 (40)
2017年釣行記 (33)
2018年釣行記 (14)
タックル (93)
ルアー (19)
ギア・ウェア (44)
DIY (159)
ルアーリペア (16)
ルアービルディング (93)
ロッドビルディング (21)
スキー (23)
その他 (69)
プロフィール (2)
未分類 (0)

検索フォーム

ランキング

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Information

タイドグラフ