FC2ブログ
topimage

2018-08

バイブレーションジャークベイト(仮) 【ハンドメイドルアー】 - 2018.06.25 Mon


魚は釣れてませんが・・・

今出来る事だけはやっておこうと。


作り始めた「バイブレーションジャークベイト(仮)」ですが、ウッドを削り、ウエイトを調整した状態でスイムテストをしてみました。

IMG_20180625_114053.jpg



結果・・・


あっさりと動いてしまいました。(^-^;


現状、フローティングで、動きはバイブレーションルアーと同等の動きです。
ウエイト位置は画像のように頭部分に集中させているので、バイブレーションをしつつ、ウォブリングが入る感じです。
ただ、狙いとは少しズレてて、バイブレーションは大きめなのでもっと細かく、またウォブリングも要らない。
肝心なジャーキングに関しては、風呂テストでは移動距離が短すぎて余りよく分かりません。(^-^;




バイブレーションさせるには幾つか方法がありますが、ルアーの進行方向に対して垂直になる部分に平らな部分を設ける、もしくはボディサイドを平らにするなどの方法があります。
ボディの何処かに「水の渦」を作るとういう要素でブルブルと震える動きを作りだしているもの、もう1つがボディの厚み薄くして左右に倒れる動きを連続化して動きを作りだしているものと2つの方法だと思ってます。
どちらの要素も、基本が水流がボディに対して鈍角に当たる事が重要だと思います。
鈍角なる程(頭下がり)動きが激しく、鋭角(水平姿勢)になれば微振動タイプへ。


今回は面で水圧を受ける方法を採ってます。
頭に平らな箇所、また腹にも平らな箇所を作り、双方で水の渦を作り出して震える動きを出す。

IMG_20180625_114240.jpg



ラインアイの位置はもう少し前でも良いとは思います。
ただ、最終型は重心移動システムを入れるので、着水後の浮き姿勢が問題になってきます。
重心移動がある場合、着水後の浮き姿勢は垂直に立つ形になります。
この状態でリーリングを始めると水の抵抗が少なく、ウエイトの戻りが悪くなってルアーの本来の動きが出るまでに時間が掛かってしまいます。
それを防止する為にラインアイの位置を少し下げ、水が当たる面を作ってウエイトを戻そうという算段ではありますが・・・。
エラの辺りにカナードを付けて水の抵抗を増すって手もありますが・・・動き変わっちゃうかな?


とりあえず、最初のモデルで狙った動きに近い物が出来たので、よりスリムにしてミノー寄りの形状にしたモデル2を作ってみようと思います。




ポチッ!とお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

スピニングリールのギア比変更 【魔改造】 «  | BLOG TOP |  » ライト兄弟にやられる 【釣行記】

プロフィール

togusa

Author:togusa
2015年3月末よりシーバスフィッシング本格参入!
初心者目線でグダグダと綴っていきます。

平日夜の出動が多いので、家族への合言葉は

「今晩ご飯要りません」

エリアは名古屋港周辺。
4月~12月まではシーバスシーズン、12月中~3月まではスキー。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

釣行記 (104)
2015年釣行記 (16)
2016年釣行記 (40)
2017年釣行記 (33)
2018年釣行記 (14)
タックル (93)
ルアー (19)
ギア・ウェア (44)
DIY (159)
ルアーリペア (16)
ルアービルディング (93)
ロッドビルディング (21)
スキー (23)
その他 (69)
プロフィール (2)
未分類 (0)

検索フォーム

ランキング

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Information

タイドグラフ